お知らせ

平成30年 大梵天祭プログラム

平成30年1月3日(水)午前10時より「大梵天祭」が執行されます。新年の始まりに、岩角山へ多くの参詣者をお待ちしております。

 

秋の坐禅会開催について

恒例となりました「秋の坐禅会」を下記の通り開催します。
どなた様も参加出来ますので、多くの皆様よりご参加お待ち申し上げます。 合 掌

〇日 時  平成29年11月5日(日)午前5時50分参集
〇場 所  岩角山岩角寺 〒969-1205 本宮市和田字東屋口84 ☎0243-44-3354
〇参加費  お一人100円
〇内 容  午前5時50分参集
午前6時~ 坐禅(本堂内)
午前7時~ 境内の掃除
午前7時30分~ 解散
※ 坐禅の組める服装と朝夕冷え込みますので、暖かい格好でお願いします。
※ その他、詳しく御知りになりたい方は、岩角寺までお尋ね下さい。

『金のご朱印』

当山には「金花水 不動尊」なる清水があります。慈覚大師がこの清水で身を清められ、毘沙門天を彫ったと云われております。この金花水の名の由来となったのが、入梅時期からお盆にかけ、水面に金粉を撒いたような現象が不定期に現れ、既に江戸時代にはその名が付けられていました。震災以降、平成27年と平成28年にもこの現象が見られました。

 そこで、金色には大変ご縁のある当山でありますので、金色のご朱印をはじめました!!

大梵天祭

dsc01246

岩角山「大梵天祭」開催について

元禄時代から350年以上続く、新春の大行事「大梵天祭(だいぼんてんさい)」は、平成29年1月3日(火)の午前10時より岩角寺境内にて執り行います。

最大の見どころであります「梵天争奪」では、梵天の一部を身につけていれば1年間の無病息災・家内安全などの御利益があるとされております。

どうぞ多くの参詣者をお待ち申し上げます。

合掌

【当日のプログラム】

秋の「坐禅の会」開催

恒例となりました「坐禅の会」を下記の通り開催します。
どなた様も参加出来ますので、多くの皆様よりご参加お待ち申し上げます。 合 掌

〇日 時  平成28年10月30日(日)午前5時50分参集
〇場 所  岩角山岩角寺 〒969-1205 本宮市和田字東屋口84 ☎0243-44-3354
〇参加費  お一人100円
〇内 容  午前5時50分参集
午前6時~ 坐禅(本堂内)
午前7時~ 境内の掃除
午前7時30分~ 解散
※ 坐禅の組める服装と朝夕冷え込みますので、暖かい格好でお願いします。
※ その他、詳しくは知りたい方は、岩角寺までお尋ね下さい。

岩角寺諸堂修復落慶式

去る8月28日(日)午前10時より、平成25年度からの3ヶ年計画岩角山諸堂修復工事完了を受け、岩角寺諸堂修復落慶法要・記念式典が「岩角寺本堂」、祝賀会が「ウエディングパレスかねすい」にて執行されました。

落慶法要には、第257世天台座主 森川 宏映 探題大僧正猊下 主職代理の比叡山延暦寺一山 弘法寺 清原 惠光 大僧正を御導師にお迎えをし、本山特使 天台宗参務 法人部長 長山 慈信 大僧正、福島教区宗務所長 矢島 義謙 大僧正らの随喜のもと、部内御寺院様出仕において厳かに法要が執り行われました。

この修復工事には、お檀家の皆様、そして多くの方々、行政をはじめ各諸団体、財団のお気持ちを頂戴し成し得たものであり、茲に甚深なる感謝を申し上げます。

記念式典は、本堂同座にて行われ3ヶ年の建設委員会委員長の任を全うされた岩角寺檀徒 根本 良久様に天台座主表彰状が贈られ、工事の任を請負って頂いた福島県いわき市の宮大工 株式会社 松本社寺建築研究舎 代表取締役 松本 庸器様、同じく関連工事の任を請負って頂きました 根本建設株式会社 代表取締役社長 根本 幹夫 様に天台宗務総長からの感謝状が贈呈されました。

また、当山第37世住職 佐藤 俊順より付帯工事に関連して 株式会社丸美建設 代表取締役 山崎 清一様、有限会社 三菅石材店 代表取締役 三菅 茂様、建設委員を代表し 副委員長 平 一雄様はじめ25名に岩角寺感謝状が贈呈されました。その労苦に対し敬意と重ねて感謝申し上げます。

その後、場所を「ウエディングパレスかねすい」に移し祝賀会が盛大に行われました。ドローンを使い空撮したオープニング映像があり、地元の和田小学校太鼓クラブ児童による演奏で幕を開けました。本宮市長 高松 義行様、同市議会議長 渡辺 由紀雄様からご来賓祝辞を賜り、法類組寺を代表して満福寺 中村 昌順住職の乾杯の発声で和やかに祝宴が始まりました。

余興のゲストには、口笛奏者 「レッド・べコーズ」茨木県出身の高木満里子さん、大分県出身の細川 佳那枝さんらが主演し大いに会場を盛り上げてくれました。

吉田 武司 当山責任役員が今後の発展と皆様のご隆盛を祈念し、万歳三唱で締め閉会となりました。

dsc_2145

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2

 

H27年度岩角山諸堂修復工事の状況【那智観音堂】完成編

DSC00933 - コピー

いよいよ3年間ぶりに太陽の陽が注ぎこみます
DSC00935 - コピー

覆い屋の解体です(3月15日撮影)
DSC00937 - コピー

鳶職の方はやはりプロでした
DSC00965 - コピー

あっという間に解体されました
DSC00968 - コピー

3月19日撮影
DSC00990 - コピー

棟札を納めました(4月5日撮影)
DSC00991

本来は上棟式に納めますが今回は全解体修復なので
DSC00976 - コピー

DSC00975 - コピー

障子扉(左)
DSC00973 - コピー

障子扉(右)
DSC00985 - コピーお堂の正面(3月28日撮影)

H27年度岩角山諸堂修復工事の状況【那智観音堂】②

DSC00908

宝珠柱の原寸書(2月25日撮影)

DSC00922
全て手刻みです
DSC00924

DSC00928

DSC00931
完成(3月14日撮影)
DSC00972
DSC00867

DSC00915

DSC00919

DSC00865

DSC00905
部材の古色付
DSC00906

DSC00876
鬼の真ん中には丹羽家の家紋
DSC00868

「春の坐禅と朝かゆ会」開催について

恒例となりました「坐禅と朝かゆ会」を下記の通り開催します。
どなた様も参加出来ますので、多くの皆様よりご参加お待ち申し上げます。 合 掌
           記
〇日 時  平成28年4月3日(日)午前4時50分参集
〇場 所  岩角山岩角寺 〒969-1205 本宮市和田字東屋口84 ☎0243-44-3354
〇参加費  お一人300円
〇内 容  午前4時50分参集
      午前5時~ 坐禅(本堂内)
      午前6時~ 境内の掃除
      午前7時~ 朝かゆ
      午前7時30分~ 散会
※ 坐禅の組める服装と朝夕冷え込みますので、暖かい格好でお願いします。
※ その他、詳しくは知りたい方は、岩角寺までお尋ね下さい。

H27年度 岩角山諸堂修復工事の状況【那智観音堂編】

今年度の事業として、那智観音堂全解体を行ったものを元の通りに復元する工事が行われています。その進捗状況をお知らせ致します。

topix8_1

新材の加工(金輪継ぎ)【H27年5月25日撮影】

topix8_2

金輪継ぎ加工中【H27年5月25日撮影】

topix8_3

古材の修復【H27年5月29日撮影】

topix8_4
topix8_5

敢て継ぎ手を見せない様に加工【H27年5月29日撮影】

topix8_6

柱を2本新しくしました【H27年6月10日撮影】

topix8_7

後のために焼印【H27年6月16日撮影】

topix8_8
topix8_9

柱が建ちました【H27年6月29日撮影】

topix8_10
topix8_11

蟇股【H27年7月2日撮影】

topix8_12

現地説明会の様子【H27年7月18日撮影】

topix8_13

段々と建ってきました【H27年9月1日撮影】

topix8_14

手間がかかります【H27年9月1日撮影】

topix8_15
topix8_16
topix8_17

地垂木【H27年9月30日撮影】

topix8_18
topix8_19
topix8_20
topix8_21

銅板を葺いていきます【H27年12月27日撮影】

topix8_22

【H28年1月27日撮影】

H27年度 岩角山諸堂修復工事における助成決定について④

H27年度の事業として、那智観音堂の復元工事、毘沙門堂の部分修復工事が行われる予定です。この事業に対し、H26年度に引き続き下記記載の財団より助成を頂けることが決定されました。

◆ 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団 様(平成27年5月8日決定)
HPリンク http://www.bunkazai.or.jp/

以上